マレーシアにおける精米市場について

日本グローバルサポート

お問い合わせ

マレーシアにおける精米市場について

◆はじめに

はじめに

農林水産省が2015年7月に調査をした時点では、海外の日本食レストランの数は約89,000店に上ることが判りました。 これは前回調査2013年1月時点の1.6倍に相当し、近年の世界的な日本食への関心の高まりを示しています。

2013年12月には日本人の伝統的な食文化である和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、世界的な健康志向の高まりや食の安全安心への関心の高まりなどがその背景として考えられますが、海外では日本産食材の品質も高く評価され、その輸出量も着実に増加しており、お米もその例外ではありません。

お米が主食の文化をもつ、韓国、台湾、香港などアジア諸国の他、欧米諸国にも日本のお米は輸出されており、その美味しさはもちろんのこと、品質の高さも評価されています。

では、マレー系民族が約67%でイスラム教信者が約61%を占めるマレーシアではどうでしょう・・・・・

◆内容のサマリー

  1. マレーシアのお米の統制会社
  2. お米の食習慣とハラール
  3. 消費者100人への対面調査より(分析の抜粋)
     A.農林水産物、食料品を購入する際の選択基準
     B.お米を購入する際の選択基準
     C.普段購入しているお米の種類と価格
     D.お米を使った好きな料理
     E.外食の際に行くレストラン
     F.外食に行く際の予算
     G.日本食とお米の産地に関して
  4. 最近の動向

◆レポート情報

タイトル

マレーシアにおける精米市場について

提供会社

株式会社アジアインフォネット 代表取締役 田辺 太嘉昭

掲示月日

2016年4月25日

枚数

10ページ

※下のフォームよりお申し込み後、自動的に表示するページよりダウンロード・印刷してご参照ください。
※フォームご入力内容は、当社と提供会社とで共有されます。

◆無料ダウンロード お申し込みフォーム

*は必須項目

会社(団体)名 *

業種 *

URL

所在地 *

電話番号 *

部署名

役職

氏名 *

氏名(ふりがな) *

メールアドレス *

メールアドレス
(確認用) *

マレーシアでの事業展開ご検討に際してその他必要と思われる情報はなんですか?

 特になし  生活情報  制度・手続き情報 
 産業別情報  業界別動向  競合会社動向

※詳細内容がおありでしたら、ご自由に記述ください。

マレーシア以外の国・地域に関して必要な情報がおありでしたら、ご自由に記述ください。

今後も海外に関するレポート無料ダウンロード新着情報のご案内を希望しますか? *

 はい  いいえ